ついにMajextandを買った!Kickflipとの比較☆

投稿者:

こんにちは、はっこんです。

以前ボクはPCスタンドとしてKickflipを紹介しました。

かなり満足し、しばらく使っていたのですが、慣れてくるともっと高さが欲しくなります。

慣れをリセットするためにあえて立てずに使ったりもしてました笑

そんな中でMajextand買うかかなり迷ってのですが、結局買っちゃいました!

ということで、この記事ではMajextandについてレビューを書いていきます。

メリット

高さ調節

Majextandは6段階の高さ調節が可能という、普通のPCスタンドにはない魅力があります。

高ければ良いというわけではありませんが、使っていると自然と高くなっていくと思います。

ちなみに高くすると何が良いのと思う方もいると思います。

画面を高くすることによって目線が上がり、姿勢を正すことができます。

あとタイピングもかなりしやすいですね。

これだけ?って思うかもしれませんがこれがかなりでかいです。

実際に定規を使ってどのくらい上がるのか測ってみました。

1番低くて7センチくらいですね、これでも結構高い方だと思います。

Maxで12センチくらいですね。

このレベルになるとタイピングはできませんね。

ただ、モニターとして使う時に役立つと思います。

ちなみにボクが以前使っていたKickflipは3.5センチくらいですね。

Majextandの1番低い段階でもKickflipは余裕で超えてますね笑

放熱構造

パソコンを立たせることにより、背面に空間を作り出し冷却効果を高めることができます。

しかもMajextandは金属製により、熱伝導しやすく、より効率的な放熱ができますね。

簡単な対策なのでパソコンに無理をさせがちの方にはおすすめです。

薄い

MajextandはPCスタンドの中でも世界最薄となっているようです。

その薄さはなんと1.7mm。

気になったのでKickflipの厚さを測ってみたら、5mmでした。

約3倍ですね。

しかし自分でメリットとして書いておいてなんですが、実際薄さはそんなに気になりませんね。

PCケースに入りさえすれば別に良かったです。

デメリット

スタンドを立てづらい

実際に使って思ったのはスタンド立てづらいですね。

スタンドを立てる際は真ん中の穴に指をかけて、下の画面でいうところの上方向にひっぱります。

さすがに毎回パソコンを裏返さなくてもできますが、結構やりづらいですね。

あとスタンドを立ててからだとパソコンが開きづらいですね。

パソコンを先に開くようにしていますが、そうすると余計スタンドを立てづらい笑

なんとかならないですかね。

Kickflipならもっと簡単なのになーと思いました。

不安定

高くすればするほど重心が上に移動するので、不安定になります。

しかもKickflipと比較すると、横幅がかなり短いため、横方向の力には弱そうです。

よっぽどのことが無い限り大丈夫だとは思いますが、何かあったらじゃ遅いですよね笑

最後に

ボクは買う前は絶対にMajextandの方が良いと思っていましたが、実際はそんなことはありませんでした。

Majextandはもちろん素晴らしい商品ですが、予想以上にデメリットが大きかったです。

Majextand使っているとKickflipが恋しくなってきます笑

もしかしたらまたKickflipに戻すかもしれませんね笑

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です