森博嗣『黒猫の三角 Delta in the Darkness』

投稿者:

こんにちは、はっこんです。

今回の記事ではボクが森博嗣さんの『黒猫の三角』を読んだ感想を書いていきたいと思います。

※本記事は『黒猫の三角』を読まれた方に向けて書いたものです

※以降ネタバレを含みます、ご注意ください

ボクはこの作品を読んだのは3度目ですね。

『黒猫の三角』はVシリーズの第1作目です。

あらすじ

メインの登場人物は、

自称科学者で今はなき旧家の令嬢である瀬在丸紅子(セザイマルベニコ)。

職業探偵の保呂草潤平(ホロクサジュンペイ)。

医学生で女装癖のある小鳥遊練無 (タカナシネリナ)。

文学生で元気な女の子香具山紫子(カグヤマムラサキコ)。

の4人を中心に物語られる。

物語はある1人の女性が、保呂草に仕事を依頼するところから始まる。

那古野では、3年間連続して、ゾロ目殺人事件が起きていた。

四年前の7月7日に最初の被害者である11歳の女性、

その翌年の7月7日には2人目の被害者である22歳の女性、

さらにその翌年の6月6日には3人目の被害者である33歳の女性が殺されていた。

そして、その規則に当てはまる小田原静江のもとに脅迫状が送られてくる。

その脅迫状は、6月6日に誕生日を迎え、44歳になる小田原静江のパーティにて、

彼女の殺害を示唆するものだった。

彼女は探偵の保呂草に警護を依頼するが、パーティ会場の密室内で、殺人は実行されてしまう。

パーティに参加していた紅子、警護をしていた保呂草とその手伝いをしていた小鳥遊、紫子は、密室の謎を解くべく奔走する。

感想

初めてこの作品を読み始めたとき、キャラの個性が強いな〜と思いました。

多分ボクはこの作品をS&Mシリーズを読み終えてから読んだからだと思います。

S&Mシリーズは主な登場人物が学生や、教員だったためかノーマルなキャラが多かったですね。

それと比べると、ミステリアスなバツイチ子持ちの自称科学者、かなり怪しい探偵、女装男子、男勝りな女の子はとても濃く感じますね。

ただ、そんな彼らのやりとりを読んでいるうちに、物語にどんどん惹き込まれていきました。

同じボロアパートの住人達ってなんかいいですね。青春っぽい。

こんなふうに気軽に友達の家に行けるような学生生活を送りたかったと思いましたね。

また、おそらく1970年代の設定なので、連絡に公衆電話を使うなど、レトロな描写があってかっこいいですね。

読んでいてもまったく謎が解けないので、

未解決のまま終わってしまうのではないかという不安がよぎりました笑

残り100ページをきったあたりからは急展開でしたね。

ジェットコースターのような速さで明かされる謎をドキドキしながら読むことができました。

紅子と保呂草の会話はかなりハイレベルで、必死に理解しようとしている自分がいましたね。

なぜ人を殺してはならないのか、理由なく人を殺すことを美しいのか。

人を殺してはいけない、ということになっているけど、でも、虫や植物は殺しても良い。意味もなく殺しても罪にならない。魚や鳥、牛や豚も殺されますね。じゃあ人間はどうか……、

日本だけで1年に何万人もの人が自殺しています。事業に失敗して、受験に失敗して、恋愛に失敗して、人は自殺する。それはつまり、誰かが成功したからではありませんか?人は人を蹴落として這い上がろうとする。良い成績を取り、良い業績を上げ、人より得をし、人よりも幸せになろうとする。それで、敗れた者のうち何人かは、死んでいく。そうじゃありませんか?

だとしたら、僕らは誰だって、知らず知らずのうちに、間接的に他人を殺していることになる。誰も殺さないでいたのなら、勉強をしたり、仕事をしてはいけない。お金を儲けたり、得をしてはいけない。幸せになってはいけないことになる。戦争みたいな単純でわかりやすい人殺し以外にも、同じような殺し合いは、日常的に行われている。そうじゃありませんか?

保呂草潤平(秋野秀和)

これが天才同士の会話か、って感じですね。考えさせられることばかりですね。

なんだか高校の頃、数学でコンビネーションを習ったときに、

何かを選ぶということは、何かを選ばないということでもある、

ということを考えていた高二病のボクを思い出しました。

密室のトリックにはかなり驚かされました。

まさか保呂草が犯人で、しかも偽物の保呂草だったとは、、

前シリーズを読んだためか、主人公サイドの人物はまったく疑っていませんでした。

シリーズ第1作目だからできることかもしれませんね。

ただ、幽霊のくだりについては少々無理があるように感じました。

また、タイトルの『黒猫の三角』の意味も明かされてとてもすっきりしました。

クロネッカーデルタはボクも習いました。

理系でよかったと思いましたね笑

理系大学で習うようなことを、趣として取り入れるところがさすがって感じですね。

読んだのは3度目ですが、やはりまだ理解できないことが多いですね。

まだ何度か読み直す必要がありそうです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です