PayPayが便利!

アプリ

こんにちは、はっこんです。

先日モバイルSuicaの利便性を紹介した記事を投稿しました。(読みたい方はこちら)

ボクはモバイルSuicaの他にPayPayという電子マネーを使っています。

PayPayとはソフトバンクとヤフーが設立した、株式会社PayPayが運営する、スマホ決済サービスです。独創的なCMで話題になり、今では一番浸透しているスマホ決済アプリと言っても過言ではありません。

今回の記事ではボクが感じたPayPayのメリットとデメリットをまとめてみようと思います。

メリット

支払いが簡単

このメリットはPayPayに限らず、電子マネー全てにおいて、言えることですね。

PayPayには2種類の支払い方法があります。

1. バーコード支払い

PayPayアプリを起動すると、下の画面のようになります。

PayPay

下のメニューにある、”支払う”をタップすると次のようになります。

「ペイペイで」

と言い、この画面を表示し、店員さんに読み取ってもらいましょう。

2. スキャン支払い

先ほどのバーコードを表示した画面の下メニューにある、”スキャン支払い”をタップしましょう。

スキャン支払いをタップすると、カメラが起動されます。

レジの横に下のようなQRコードがあるので、それを読み取りましょう。

あとは自分で金額を入力し、”支払い”をタップすれば完了です。

チャージが簡単

アプリにお金をチャージするには、銀行口座を登録する必要があります。

ここで注意することは、銀行口座から直接チャージするには、Yahoo!JAPAN IDとの連携が必要であることです。Yahoo!JAPAN IDを持っていない人は作ることから始めましょう。(ボクもそうでした)

アプリを開いて”チャージ”をタップすると下のような画面になります。

金額を入力し、下にある、”チャージする”をタップすれば、チャージ完了です。

クレジットカードからも払える

PayPayアプリにクレジットカード情報を登録することで、PayPayを通して、クレジットカードを利用することができます。

PayPayアプリがクレジットカード情報をQRコードに変換し、利用できるってことですね。

これなら、クレジットカードを使うときに、いちいち財布からカードを取り出す必要はないですね。

また、この機能はYahoo!JAPAN IDを持っていなくても使えるようです。

普段からクレジットカードを使って、買い物をする人は、こちらの方が便利ですね。

対応している店が多い

PayPayは、加盟店が多く、様々なお店で使用することができます。

他の電子マネーは使えませんが、PayPayだけ対応しているお店もあります。

また、PayPayアプリの機能で、現在地の周りで、PayPayに対応しているお店を探すこともできます。

アプリを起動し、下メニューにある”近くのお店”をタップします。

PayPay

そうすると、このように、近くにある、PayPayに対応しているお店を表示してくれます。

かなり便利な機能ですね!これなら簡単に調べることができそうです。

キャンペーンが豊富

PayPayは、他の電子マネーと比較するとかなりキャンペーンをやっていると思います。

例えば、今現在(2020年4月)行なっているキャンペーンを紹介すると、

  • 対象の飲食店で最大20%付与
  • 対象店舗で消費者還元にさらに最大5%付与
  • 町のお店で5%または2%付与
  • 対象決済方法で0.5%付与(毎月開催)

などですね。

また、過去にもワクワクペイペイ(飲食店・スーパーで最大20%還元)や100億円キャンペーン (最大20%還元)など、かなりお得なキャンペーンを行なっていたようです。

PayPayのキャンペーンをうまく利用すれば、かなりお得になりますね。

請求書支払いができる

PayPayを用いて、ガス、水道、電気等の公共料金を払えるようになりました。

わざわざコンビニに行って、支払いをしていた方にとっては朗報ですね。

やり方は簡単です。

アプリを起動し、メニューにある”請求書払い”をタップします。

すると、カメラが起動するので、請求書に印刷されているバーコードを読み取りましょう。

たったこれだけで支払いが済みます。

注意点は、請求書払いにはクレジットカードを利用できないことです。

Yahoo!JAPAN IDを作る必要がありますね。

また、PayPayで公共料金の支払いをすると、0.5~1.5%のポイントが還元されるようです。

送金、割り勘ができる

いくらキャッシュレス主義でも、お金の貸し借りや、飲食店での割り勘は現金でなければ難しいですよね。

しかしPayPayなら送金や、割り勘ができるのです!

ボクはPayPayにおいて、この機能が一番素晴らしいと思いました。

送金の方法は簡単です。

アプリを起動し、”送る・受け取る”をタップし、送る側が相手のQRコードを読み取り、金額を入力するだけです。

また、携帯電話番号かPayPayIDを入力すれば、離れている場所でも送金ができます。

割り勘の場合も、送金と同様に、相手のQRコード、電話番号、PayPayIDを用いて、簡単にできます。

今までは電子マネーがあるとはいえ、誰かと食事に行くときは、財布を持って行きましたが、この機能をうまく使えば本当に財布を持ち歩く必要は無くなりそうですね。

ただ、その場にいる全員がPayPayアプリを入れている必要がありますが。(ボクの周りではPayPayを使っている人はあまりいないため、この機能は使ったことがないです笑)

多様な連携機能

PayPay

このホーム画面をみて分かる通り、PayPayにはTカードや、フリマ、タクシー配車など、様々な連携機能があります。

正直タクシー配車は驚きました笑(使ったことありませんが。)

これからも連携機能が増えていくと思います。

楽しみですね笑

デメリット

スマホのバッテリー切れ

モバイルSuicaの記事でも書きましたが、もちろんPayPayでも同じです。

気をつけましょう笑

セキュリティ面

PayPayでは、過去にクレジットカード不正利用問題があったようです。

実際には、PayPayから情報が漏れた訳では無いようです。

対策として、新たな本人認証を導入し、セキュリティを強化したようです。

PayPayは損失額の全額保証を公表しています。

特に問題は無いようですね。

最後に

PayPayのメリットとデメリットをボクなりにまとめてみました。

こうしてまとめてみると、かなり多様性がありますね。

モバイルSuicaには無いメリットもたくさんありましたね。

ボクももっとPayPayを使う頻度をあげようと思いました。

モバイルSuicaとPayPayの組み合わせは、本当におすすめです。

よかったら使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました